ファンケル&PGA チャリティー in 宮城

開催概要

主催 報知新聞社、(公財)報知社会福祉事業団
後援 亘理町、亘理町教育委員会、独立行政法人国際協力機構
特別協賛 (株)ファンケル
特別協力 公益社団法人日本プロゴルフ協会
協力 (株)エイトコーポレーション
運営 スポーツオフィス
企画 (株)エイトノット
開催日時 平成29年7月2月(日)13:00~15:00
開催会場 吉田体育館
〒989-2331 宮城県亘理郡亘理町吉田字大塚172番地
参加対象 宮城県内在住の小学生を含むファミリー、1組4名まで
※保護者(18才以上)1名につき小学生までのお子さん3名まで
講師
(順不同、敬称略)
《キャッチボール》 原辰徳、宮本和知、鉄平、久保文雄
《スナッグゴルフ》倉本昌弘、松岡澄弘、天野利之、宍戸猛年、池田貞仁
公式ホームページ http://fkbc.jp
実施内容
「ファンケル&PGA チャリティーin宮城」が2日、宮城県亘理町の吉田体育館で行われた。県内在住の56組148人のファミリーが参加し、ファンケルパートナーで前巨人監督の原辰徳さん、プロゴルファーで日本プロゴルフ協会の倉本昌弘さんらと野球やゴルフで交流し、楽しい一時を過ごした。
会場に講師陣が登場すると、参加したファミリーから大きな拍手が沸き起こった。
ストレッチで体をほぐし、ゴルフからスタート。まずは倉本会長が正しいクラブの握り方、構え方の手本を示した。パット、アプローチ、ティーショットの3コーナーに分かれて体験。松岡澄弘さん、天野利之さん、宍戸猛年さん、池田貞仁さんといったPGAプロが分かりやすくレッスンした。フルスイングのコーナーでは原さんも挑戦。鋭い当たりで、会場を沸かせた。
次に野球にチャレンジ。講師を務めたのは宮本和知さん(元巨人)、鉄平さん(元楽天)、久保文雄さん(元横浜大洋)に原さん。宮本さんがボールの握り方、投げ方を説明し、鉄平さんがバットの握り方、振り方をアドバイス。キャッチボール、ゴロキャッチ&スロー、ティー打撃の3か所に分かれて体験した。どのファミリーも笑顔で楽しんでいた。
ゴルフで倉本さんの指導を受けた佐藤専太郎くん(小5)は「握り方が不思議だったけど、ボールが真ん中にいってよかったです」と笑顔。原さんが転がしたボールを捕ってニッコリした小1の小野兜羽(とわ)くんは初めての野球だったが「投げるのが楽しかった」と声を弾ませた。
東日本大震災の復興支援活動の一環として行われた今回のイベント。ゴルフと野球のコラボレーションは、昨年10月に福島で開催して以来2度目だったが、今回も盛況だった。「3世代で2つのスポーツを楽しんでいただけた。みんな元気ですし、こちらも元気をもらえた」と倉本さんが言えば、原さんも「野球を通してお役に立てれば」。甚大な被害を受けて復興半ばの亘理町にも、希望や勇気を届けられたはずだ。
開催情報一覧へ戻る
このページのTOPに戻る