学校激励訪問

開催日時

  • 2014年12月20日(土)

訪問先

  • 神奈川県立鎌倉養護学校

実施内容

「ファンケル キッズベースボールチャレジ2014」(主催・報知新聞社、特別協賛・ファンケル)の講師を
務める宮本和知さん(元巨人)、久保文雄さん(元横浜大洋)が12月20日、神奈川県・鎌倉市の
神奈川県立鎌倉養護学校を訪問しました。

ユニフォーム姿の宮本さんと久保さんが体育館に登場すると、同校の小・中・高生34人は大興奮。ボールの
握りかたや腕の振り方といった投げ方の基本を教わると、2人と一緒にキャッチボールやバッティングなどに
挑戦し、歓声を上げていました。

生徒の投球を見守った久保さんは「今の球は良かった。すごくキレがあったよ」などと励まし、“魔球”に
ついて質問を受けた宮本さんは「俺の魔球はカーブ!これで13年間、投げぬいたんだぜ!」と現役時代の
勝負球の握りを披露して会場を沸かせました。

野球選手の同校への訪問は今回が初めて。巨人グッズで車いすを飾った東海林晴也くん(中1)は、
おもちゃのピッチングマシンで宮本さんに挑むなど、あこがれだった巨人OBと触れ合って大喜び。天井に
届くような“ホームラン”を放った田中駿平くん(高1)は「スッキリしました!とってもいい気分」と笑み
を見せてくれました。

DeNAファンで久保さんに記念写真を願い出た山寺集矢くん(高2)は「体が大きくて、すごい迫力でした」と、
初めて間近で見たプロ野球選手の姿に感激。鈴木裕子校長は「このようなプログラムを実施していただき、
本当に感謝しています。ぜひ、またお願いしたいです」と、子供たちの生き生きした表情目を細めた。

「ファンケル キッズベースボール チャレンジ」では、全国の少年少女たちへの野球指導や野球用具不足に
悩む国や地域への用具提供に加え、病院、養護学校への激励訪問を精力的に行うなど、今後も野球を通じて
様々な形で社会貢献活動に取り組んでいます。

ファンケルの特例子会社「ファンケルスマイル」(神奈川県横浜市栄区)では、障がい者の雇用を積極的に
推進し、自立をサポートしています。ファンケル・田多井毅副社長は「ファンケルスマイルには、鎌倉養護
学校の卒業生が5人も働いています。皆様もぜひ一度、見学にきてください。大歓迎します」と生徒たちに
呼びかけました。 
学校激励訪問一覧へ戻る
このページのTOPに戻る