病院激励訪問

開催日時

  • 2015年12月6日(日)

訪問先

  • 医療法人ひらまつ病院

実施内容

「ファンケル キッズベースボール チャレンジ」では、社会貢献活動の一環として
プロ野球OBの講師が開催地周辺の病院を訪問し、病気やケガで闘う人たちを励ましました。

今回は宮本和知さん(元巨人)、古城茂幸さん(元巨人)、笘篠賢治さん(元ヤクルト)、
久保文雄さん(元横浜大洋)の4人が小城市のひらまつ病院を訪れました。

ユニホーム姿の4人は簡単なセレモニーの後、病室やリハビリテーションセンターを回って
サインボールを手渡し、病気と闘う人々を激励しました。宮本さんにボールを贈られ、握手した
87歳の女性患者は「夢のようです。いいことがありました」と大喜び。
入院中の方だけでなく毎日患者さんのお世話に尽力されている病院スタッフへの激励も行いました。

病院激励訪問などの社会貢献活動は「ファンケル キッズベースボール チャレンジ」の大きな柱の一つ。
宮本さんは「患者さんの笑顔が見られてうれしいです」と話していました。
病院激励訪問一覧へ戻る
このページのTOPに戻る