開催情報

ファンケル キッズベースボール チャレンジ 2015 in 奈良県橿原市
〜キッズの笑顔が世界の元気〜

開催概要

主催 報知新聞社
後援 橿原市、橿原市教育委員会、(公社)橿原市スポーツ協会
特別協賛 (株)ファンケル
協力 奈良県軟式野球連盟、奈良県中学校体育連盟、株式会社マツダスポーツ、(株)エイトコーポレーション
運営 スポーツオフィス
企画 (株)エイトノット
開催日時 平成27年10月25月(日)13:00~16:00
開催会場 橿原運動公園 硬式野球場
〒634-0834 奈良県橿原市雲梯町323-2
講師
(順不同、敬称略)
<投手>宮本和知、水野雄仁、久保文雄
<捕手>西山秀二
<内野>駒田德広、元木大介
<外野>吉村禎章
社会貢献活動 参加者を中心に使用しなくなった野球用具を回収し、アフリカ野球友の会などを通じて用具不足に悩む
国や地域の子供たちに寄贈。ご協力いただいた方には協力証を贈呈。
当日は野球教室に参加されない一般の方からのご協力もお願いしております。
是非、会場までお越しください。ご来場、お待ち申し上げます。
公式ホームページ http://fkbc.jp
実施内容
「ファンケル キッズベースボール チャレンジ 2015 in 奈良県橿原市」が10月25日、
奈良県橿原市の橿原運動公園 硬式野球場で行われました。

奈良で初めての開催となったこの野球教室には、県内で活動する31の小学生軟式野球チームから401人の
少年少女が参加しました。真っ青な秋空の下、元気にボールを追いかけました。

参加者はボールの握り方や正しい投げ方などの基本技術から、ポジション別の守備、バッティングと指導を受けます。
講師を務めるのはプロ野球OBで、今回は投手を宮本和知さん(元巨人)、水野雄仁さん(元巨人)、久保文雄さん(元横浜)、
捕手を西山秀二さん(元広島)が担当しました。そして、奈良出身である駒田徳広さん(元巨人)と吉村禎章さん(元巨人)の
お二人に加え、元木大介さん(元巨人)の3名が内外野をが受け持ち、分かりやすく丁寧に指導しました。
参加者はもちろん、指導者も満足していました。

打撃指導(説明)の最後には西山さんと元木さんがティーバッティングのデモンストレーションを行い、プロのスイングを
披露。強烈な当たりに大きな拍手が沸き起こりました。
最後は、7人の講師がそれぞれに分かれてティーバッティングの実技指導で締めくくりました。

ファンケル キッズベースボール チャレンジでは、野球の技術を教わるだけではなく、社会貢献活動ができることも
特色の一つになっています。毎回、参加者を中心に使用しなくなった野球用具を回収し、用具不足に悩む国や地域の
子どもたちに寄贈しています。
この日はバット、グラブなど114点の用具が集まりました。選手代表の菅原フェニックスの丸岡幸音さんに協力証が
贈られました。

参加者には講師全員のサインが入った修了証が授与され、修了式では選手を代表して真美ヶ丘レッドベアーズの
中尾大雅君があいさつ。「今日教わったことを忘れずに、プロ野球選手という夢に向かって頑張ります」と
元気よくお礼の言葉を述べ、講師とハイタッチを交わして野球教室は終了となりました。
開催情報一覧へ戻る
このページのTOPに戻る