開催情報

ファンケル キッズベースボール チャレンジ 2013 in 栃木県宇都宮市
〜キッズの笑顔が世界の元気〜

開催概要

主催 報知新聞社
後援 宇都宮市、宇都宮市教育委員会、宇都宮市体育協会
特別協賛 (株)ファンケル
協力 一般財団法人 栃木県野球連盟、宇都宮市野球協会、(株)エイトコーポレーション
運営 スポーツ オフィス
企画 (株)エイトノット
開催日時 平成25年10月13月(日)13:00~16:00
開催会場 河内総合運動公園 多目的運動広場
〒329-1102 宇都宮市白沢町1791-3
講師
(順不同、敬称略)
<投手>宮本和知、槇原寛己、与田剛、久保文雄
<捕手>佐野元国
<内野>笘篠賢治、元木大介
<外野>吉村禎章
社会貢献活動 参加者を中心に使用しなくなった野球用具を回収し、アフリカ野球友の会などを通じて用具不足に悩む国や地域の子供たちに寄贈。ご協力いただいた方には協力証を贈呈。
当日は野球教室に参加されない一般の方からのご協力もお願いしております。
是非、会場までお越しください。ご来場、お待ち申し上げます。
公式ホームページ http://fkbc.jp
実施内容
キッズの笑顔が世界の元気。健やかな心身の育成と社会貢献を目的とした
「ファンケル キッズベースボールチャレンジ」が10月13日(日)、栃木県宇都宮市の
河内総合運動公園 多目的広場で行われ、小学生軟式野球25チーム332人が参加しました。

今回は、宮本和知さん槇原寛己さん(ともに元巨人)、与田剛(元中日)、久保文雄(元横浜大洋)が投手、
佐野元国さん(元巨人)が捕手、笘篠賢治さん(元ヤクルト)、元木大介さん(元巨人)が内野手、
吉村禎章さん(元巨人)が外野手を受け持ち基本を指導しました。
「教え方がとてもわかりやすく参考になりました」という声がたくさんよせられました。
また、ティーバッティングでは元木さんがデモンストレーションを実施。大飛球を放って、参加者、
見学に訪れた保護者を驚かせました。

修了式では、講師が選手一人一人にシリアルナンバー入りの修了証を授与。選手を代表して
河内地区6年生チームの籠味隼司君が「今日教わったことを生かしてこれからも野球を楽しんでいきたい」と
元気に挨拶しました。

野球教室では用具の不足に悩む国や地域の子供達に使用しなくなったバット、ボールなどを寄贈することも
目的としておりますが、この一日だけで1003点の用具を提供していただきました。
賛同者を代表して河内地区6年生チームの山口真永君に協力証が贈呈されました。
開催情報一覧へ戻る
このページのTOPに戻る