開催情報

ファンケル キッズベースボール チャレンジ 2012 in 熊本県宇城(うき)市
〜キッズの笑顔が世界の元気〜

開催概要

主催 報知新聞社
後援 宇城市、宇城市教育委員会
特別協賛 (株)ファンケル
協力 宇城市軟式野球連盟、(株)エイトコーポレーション
運営 スポーツ オフィス
企画 (株)エイトノット
開催日時 平成24年5月12月(土) 13:00~16:00
開催会場 岡岳グラウンド
講師
(順不同、敬称略)
<投手>宮本和知、武田一浩、香田勲男、久保文雄
<捕手>達川光男
<内野>笘篠賢治
<外野>大塚光二
実施内容
健やかな心身の育成と社会貢献を目的にした野球教室「ファンケル キッズベースボールチャレンジ 2012」が5月12日(土)、熊本・宇城(うき)市の岡岳グラウンドで行われました。

2012年の最初、3年目を迎えた野球教室は、雲ひとつない空の下でスタート。同市を中心にした15の軟式野球チーム、240選手が笑顔でグラウンドに飛び出しました。準備運動では元広島の達川光男さん(スポーツ報知評論家)が、前田健太投手(広島)が肩周りの筋肉をほぐすために取り入れている“マエケンダンス”を披露。今年から講師陣に加わった香田勲男さん(スポーツ報知評論家)は正しいキャッチボールのやり方を指導しました。

守備位置別のレッスンでは、投手を宮本和知さん、武田一浩さん、香田さん、久保文雄さん、捕手を達川さん、内野を笘篠賢治さん、外野を大塚光二さんのがコーチ役を務め、走塁、打撃練習でも基本の大切さをしっかりと教えていました。3時間にわたる内容の濃い指導を受けた選手はみな満足げ。選手を代表してシリアルナンバーが刻まれた講師全員のサイン入り修了証を授与された豊福少年野球クラブの松下昇平主将(小6)は「ていねいに分かりやすく説明してもらいました。これからの練習や試合に生かしたい」と大きな声で誓いました。

この日は野球用具の不足に悩む国や地域へ寄贈するために、参加者などから使用しなくなったバット、グラブ、ボールなどの用具510点が提供されました。
開催情報一覧へ戻る
このページのTOPに戻る