開催情報

ファンケル キッズベースボール チャレンジ 2011 in 沖縄県那覇市
〜キッズの笑顔が世界の元気〜
”今、自分たちにできること”

開催概要

主催 報知新聞社
後援 那覇市、那覇市体育協会
特別協賛 (株)ファンケル
協力 沖縄県野球連盟那覇支部学童部、ロワジールホテル&スパタワー那覇、
(財)報知社会福祉事業団、(株)エイトコーポレーション
運営 スポーツ オフィス
企画 (株)エイトノット
開催日時 平成23年12月10月(土)13:00~16:00
開催会場 沖縄セルラースタジアム那覇
講師
(順不同、敬称略)
<投手>宮本和知、水野雄仁、槇原寛己、与田剛、松原靖、久保文雄
<捕手>佐野元国
<内野>笘篠賢治、大久保勝也
<外野>後藤孝志
スペシャルゲスト 読売巨人軍 監督 原辰徳
実施内容
2011年12月10日(土)、年度最後で5回目の「ファンケル キッズベースボール チャレンジ 2011」が
沖縄県那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で、那覇市、浦添市など37チーム、370人の小学生が参加して行われました。
講師は投手部門を水野雄仁さん、宮本和知さん、槙原寛己さん、与田剛さん、久保文雄さん、松原靖さん。
捕手部門を佐野元国さん。内野手を笘篠賢治さん、大久保勝也さん。外野手を後藤孝志さんがポジション別に指導、
キャッチボールの基本から守備、走塁、打撃まできめ細かい指導が行われました。
また、昨年に引き続き巨人・原辰徳監督もスペシャルゲストとして参加。開校式で「君たちはチャンスと力さえあれば
何でも出来る。夢を持って頑張ってください」とあいさつ。投球練習でオール上間の前武當大斗(まえんとう・ひろと)君
のボールを受けるサプライズもあり、生徒さんたちを感激させていました。
修了式では各講師から参加者全員にシリアルナンバー入りの修了証が直接手渡され、
仲井真ライオンズの金城佑真主将が「いつもお父さんから話してもらっている選手の方から直接指導されてうれしかったです」と
あいさつしました。
また、この日、集まった用具は408点でした。
開催情報一覧へ戻る
このページのTOPに戻る